桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府
桧の家 大阪府

桧の家 大阪府

なぜ桧のフローリング?

W様は当社楽天ショップで小物などのお買い物をしていただいていたお客さまでした。だからと言って家を建てる時には絶対に吉田製材で・・・というわけではなかったようです。完成後、お客様のお宅にお邪魔していろいろお話を聞かせていただいた時の内容です。家を建てるということはそれだけの出費をするということ。当然、価格と商品価値のバランスを最も重要視していたと、完成後に初めてお聞きしました。

それぞれの価値観

W様の商品価値を決めるチェック事項その1。ネコの爪にやさしいこと。硬い床だとツルツル滑って可哀そうだということ。チェック項目その2。他のフローリングとの価格のバランス。例えていただいたのですが、大手メーカーの合板のカラーフロアーの価格が1坪あたり10,000円。吉野桧の無垢のフローリングが1坪あたり12,000円。40坪の床面積での差額は80,000円。たったこれだけの差で桧のフローリングになるのなら願ったり叶ったり。こうして吉田製材のフローリングが選ばれたとのことでした。

完成後にW様からいただいた言葉

来る人みんなに「えーなー」と言ってもらえます。(関西弁でとても良いという意味)「たぶん猫もえーなーと言ってると思います」とても励みになるお言葉をいただきました。ありがとうございました。